緩速ろ過法との比較


TOP   浄水システム > 逆洗付細砂ろ過槽 > 緩速ろ過法との比較

逆洗付細砂ろ過槽

緩速ろ過法と自動逆洗付細砂(緩速)ろ過法の比較
浄水プロセス 緩速ろ過法 自動逆洗付細砂(緩速)ろ過法
フロー
浄水方法 原水を砂層にゆっくりした流速で通し、砂層表面に増殖した微生物群によって水中の浮遊物質や溶解物質を補足、酸化分解する作用 緩速ろ過法と同様、原水を比較的遅い流速で砂層に通し、砂層表面に増殖した微生物群によって水中の浮遊物質や溶解物質を補足、酸化分解する作用 
適用原水水質の比較 濁度 最高濁度10度以下 最高濁度10度以下
原水濁度が高くなる場合は、取水を止めるか前処理設備を設置 高濁度原水では逆洗回数が増え処理能力・水質が低下し、2段ろ過装置にする
濁度が急変する河川表流水が原水では、無人運転は不可能 急激な濁度変動にも無人運転可能
色度 あまり取れない あまり取れない
臭気味 かなりよく除去できる かなりよく除去できる
ABS ある程度除去できる ある程度除去できる
フェノール類 通常水に溶解する程度なら除去できる 通常水に溶解する程度なら除去できる
1mg/L以下なら除去できる 1mg/L以下なら除去できる
マンガン 鉄より除去が難しい 鉄より除去が難しい
アンモニア性窒素 大部分は除去できる 除去率80% 大部分は除去できる 除去率80%
有機物 相当程度除去できる 相当程度除去できる
水温 あまり影響ないが凍結すると管理が困難 あまり影響ないが管路の凍結防止処理が必要
大腸菌群
一般細菌
除去率がよい 99% 除去率がよい
但し、ろ過速度25m/日以下
99%
生物 プランクトンなどには比較的強いが、夏季等に藻類が大量発生しろ層を閉塞すると、ろ過機能を阻害する 多量発生すると処理能力が落ち水質が悪化する
ろ過槽覆蓋により藻類の発生を抑制する
維持管理 維持 閉塞時に砂掻き取り 月1回程度 定期点検・整備 年1回
年間15%程度の砂の補充 年間10%程度の細砂補充
水槽内部防水塗装塗り替え  10年1回 機械設備補修・交換 15年1回
装置が簡単で補修・交換部品は少ない
管理 日常は見回り程度 見回り程度 
降雨時、高濁度原水の取水調整が必要
長所 機械設備がほとんどないため、建設費は安価 薬剤を使用しない浄化方法、シンプルな設備、全自動運転のため、管理及び排水処理が容易で安価
溶解性有機物が除去でき浄水水質が最もよい 緩速ろ過法に準じ、溶解性有機物が除去でき水質がよい
原水水質が良いと維持管理費が安価 2段ろ過では原水濁度の許容範囲が広い
薬品を使用しない浄水方法で、維持管理に高度の技術者を必要としない 緩速ろ過よりろ過速度が速く設置面積が小さくできる
短所 設置面積が他工法より大きい 濁度が上がると洗浄回数が増加し、1段ろ過では水質の維持が困難になる
高濁度原水に弱く急激な濁度変更のある原水では管理できない
高濁度原水では砂掻き取り回数が多くなり維持費が高価になる 原水濁度が10度を超える場合、2段ろ過にする必要がある
冬季の凍結対策、夏季の藻類対策が必要である。 冬季の凍結対策が必要である
山間部小規模水道適用評価 建設費 安価 やや高い
敷地 もっとも大きい × 小さい
維持管理費 安価 安価
日常管理 降雨時の原水取水管理が必要 無人運転
適用原水水質 降雨時の高濁度原水以外は適する 適する
総合評価 安定した低濁度の原水が確保できれば適する 建設費がやや高価だが維持管理費が安い
自動逆洗付細砂(緩速)ろ過法との比較
1.緩速ろ過法

逆洗付細砂ろ過槽との比較

2.凝集沈殿+急速ろ過法

逆洗付細砂ろ過槽との比較

3.膜ろ過法

逆洗付細砂ろ過槽との比較